Skip to content Skip to footer

サービス停止のリスクを軽減するマルチCDN戦略とは

今や、全世界のインターネットトラフィックの60-70%はコンテンツ配信ネットワーク(以下CDN)によって配信されており、動画などの配信では必要不可欠なインフラとなっています。ところが、ネットワークの不具合による配信障害が発生し、サービス停止を招くこともしばしば起こっています。

そのリスクを軽減するには、マルチCDN戦略が有効です。マルチCDNとは 地理的に分散されたCDNを複数プロバイダで構成し、その時最も配信パフォーマンスが良好などの条件に該当するプロバイダを自動的に選択して配信することができるサービスです。これによりシングルCDNで発生する配信障害を回避することもできるようになります。

本ホワイトペーパーでは、サービス停止のリスクを軽減するマルチCDN戦略について解説します。

 
本ホワイトペーパーの概要

 シングルCDNに依存すると、オンラインのコンテンツプロバイダーはパフォーマンスの低下や機能停止のリスクに晒されます。どんなに優れたCDNでも、ハードドライブの故障、サーバーの予期せぬ動作、ボトルネック、ラストワンマイルの混雑などが引き起こす問題に悩まされています。マルチCDN戦略では、コンテンツプロバイダーが複数のCDNプロバイダー間でトラフィックを共有できるようになるため、個々のCDNプロバイダーの問題によるリスクは軽減します。マイクロ停止、ピーク時のパフォーマンス低下、その他のどんな問題でも、代替手段があればコンテンツプロバイダーは、シングルCDNが引き起こすユーザーエクスペリエンスに影響が及ぶような事態からユーザーを守ることができます。しかしながら、有用なマルチCDNアーキテクチャの作成の一端を担うことができる高精度なCDNプロバイダーは、限られています。マルチCDN環境の利点は、市場の差別化によるパフォーマンスの向上、より迅速な新地域の開発、高品質なエンドユーザーエクスペリエンス、ビジネス競争の激化に伴うコスト削減などです。本ドキュメントの目的は、企業がマルチCDN環境に移行する理由、移行によってもたらされる改善点、関連アーキテクチャへの理解を深めることです。このような移行に対する最良のベストプラクティスもご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

ホワイトペーパー

「マルチCDNを組み込んだビジネス戦略とは?」