Skip to content Skip to footer

エンドユーザーにより近づき、没入型カスタマー・エクスペリエンスを実現

企業はビジネスを加速するためにエッジ・コンピューティングに注目しています
ビジネス環境の急激な変化に伴い、企業はデータ・ライフサイクルを加速させ、アプリケーションのパフォーマンスを向上させて収益の拡大を図ろうと考えています。最近では、AI、IoT、オンライン金融取引、自律走行車などの新たなエッジワークロードが競争上の優位性をもたらしていることから、企業の関心は低遅延や分散コンピューティングのシナリオにまで広がっています。

68.7%の企業がアプリケーション配信サービスを自社のエッジ戦略に関連していると考えています

実際、IDCの最新レポート1によると、68.7%の企業がアプリケーション配信サービスを自社のエッジ戦略に関連するものと考えており、75%の企業が5ms未満の遅延を期待しています。このように、現代のデジタル時代に最適なユーザー体験を提供するためには、遅延を最小限に抑えることが企業にとってますます重要になっています。 アプリケーションのパフォーマンスと効率を向上させるために、企業は、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)技術、ソフトウェア定義ネットワーキング(SD-WAN)、安全なプライベート接続を備えたクラウド基盤を用いて、エッジ用に設計されたソリューションを必要としています。
Lumen アプリケーション配信ソリューション
Lumenのエッジ向けアプリケーション配信ソリューションは、CDNCDNエッジコンピュート、エッジホスティング環境、プライベートクラウドダイナミックコネクションの各製品と、当社の強みであるマネージドサービスを組み合わせたものです。 Lumenは、IoTソフトウェアのアップデート、ビデオストリーミングとアナリティクス、オンラインゲーム、ロケーションベースのアナリティクス、B2B/B2Cのデジタルトランスフォーメーションなどにおけるアプリケーションのパフォーマンスを最適化することにフォーカスしています。 銀行業界を例にとると、デジタル専業銀行の台頭や若年層の顧客の増加に伴い、銀行業界では、セキュリティやデータ・コンプライアンスを向上させながら、より迅速で信頼性の高いパーソナライズド・エクスペリエンスを低コストかつ柔軟に提供することが求められています。多くのリテールバンクは、AIを搭載した仮想アシスタントや顔認識などの技術を採用し、顧客の資産データに基づいてカスタムオファーを提供する革新的なツールを開発しています。Lumenのエッジ・コンピューティング・ソリューションを導入することで、銀行は、アプリケーション・ロジックをユーザーの近くに移動させることで、遅延を克服し、リスクを最小化すると同時に、セキュリティを向上させることができ、それにより、没入感のあるエンドユーザー体験を提供することができます。
PRODUCT

Lumen クラウド アプリケーション マネージャー

現在、Lumenは北米全域でエッジノードを稼働させていますが、米国内および世界各地での追加投資を続けています。 また、アジア太平洋地域で初めてCDNエッジコンピュートプラットフォームを東京に設置しました。今後、アジア太平洋地域でさらなる投資が行われる予定です。

アジア太平洋地域で初となるCDN エッジコンピュート プラットフォームを東京に展開したことをお知らせします。

LumenのCDN エッジコンピュートは、包括的なエッジサービスであり、開発者はエッジのワークロード構成をコードレベルで完全に制御できるため、DevOpsに適したメトリクスやログアラートを使ってワークロードの実行やトラブルシューティングを行うことができます。  また、モジュール式のアーキテクチャを採用しているため、カスタム、オープンソース、プロプライエタリのソフトウェアコンポーネントを柔軟に選択することが可能です。 さらに、このプラットフォームは、拡張可能なAPIを介して、導入サイクルの高速化やワークフローの自動化にも役立ちます。Lumenは、日本国内でのエッジノードと世界的なネットワークを組み合わせることで、お客様のビジネスが発生する場所での接続を可能にします。 Lumenのアプリケーション配信ソリューションにより、日本の企業は顧客に新しいデジタル体験を提供し、自らのデジタルトランスフォーメーションを強化することができます。

1Data source: IDC Report: Edge Computing Solutions Powering the 4th Industrial Revolution, January 2021

もっと詳しく知りたいと思いませんか?

リテールバンクがLumenと共にどのようにエッジでのデジタルバンキング体験を向上させているかをご覧ください。

Leave a comment